ウェブライターRの業務日誌。

ウェブライティングで生計を立てているフリーライターのブログです。単価交渉、案件さがしなどの方法について経験談を踏まえて綴ります。

MENU

web媒体と紙媒体でのライティングの違い。

今晩は、久しぶりの更新です。しばらく更新できていなかったので、どんなテンションで記事を書いたらいいものかやや悩みながら筆を走らせております。


今回はタイトル通りライティングにおける違いをまとめていきたいと思います。その違いとはweb媒体と紙媒体とでの書き方や仕事のやりとりなどです。


基本的にweb媒体でお仕事させていただくことが多いのですが、紙媒体の実績も複数ありますので、何かしらの参考になればと思いこの記事をしたためました。では早速、web媒体と紙媒体とでは、ライティングにどのような違いがあるか見ていきましょう。


大きく「校正」と「文字数制限」の二つの違いがありますので、それらについてまとめます。


校正のシビアさがまるで違う。

web媒体でも紙媒体でも校正作業が入ります。誤字脱字がないか、文章の構成がおかしくないか、文字数は守れているかなどのチェックですね。この校正が、webと紙とではまるでシビアさが違います。言うまでもなく紙媒体の方が校正が厳しいです。専属の校正担当者がいるくらい。ライター→編集→校正→校了になることがほとんどです。


なぜ紙媒体ではここまで校正が厳しいのか?もう勘づいている人もいますよね、紙媒体はwebと違い実際の紙面に印刷しないといけないからです


webの場合、記事アップデート後に誤字脱字を発見したとしてもすぐに修正ができます(もちろん好ましいことではありませんが)。しかし、紙媒体はそうもいきません。何十万部と印刷する雑誌で、印刷後に誤字脱字が見つかればそれはもう大変。刷り直すわけにもいきませんし、大目玉を食らってしまうことになります。


紙媒体で印刷後に誤字脱字が見つかったからといって減給されたりすることはほとんどありません。あくまで周囲のライターさんやエディターさんに聞いた範囲内ですが、誤字やミスが見つかったら「すいませんでした」と謝るのみとのことでした。稀に、指摘してくれた人に図書券送るところもあるみたいですが。


ライターであれば最低限のチェックはすることでしょう。でも、紙媒体だとライター、エディターだけのチェックでは心許ないため、校正担当者がつくわけです。うーん、これに関しては何度も修正した経験あるので嫌という程厳しさを痛感しています。


文字数制限に対する厳しさの違い。

もう一つ、web媒体と紙媒体の大きな違いは文字数制限に対する捉え方です。


webの場合、「3,000文字以上」といったかなり漠然とした制限がかかります。紙媒体はそんな甘っちょろくありません。


例えば、「キャッチコピーは14文字プラマイ1文字誤差で作ってください」とか「本文は240文字プラマイ5文字以内で作ってください」なんてザルです。大変ですよ、一文字二文字の誤差で泣くことが何度あったか。特にこれいい表現!って作品出来た時に限ってこの文字数制限により修正せざるを得ないなんてことも起きちゃいますから。


webに慣れてると特に大変に感じる部分です。紙媒体にチャレンジする人は是非覚悟の上挑戦してみてください(笑)

まとめ。


webと紙では以上のように「校正」「文字数制限」において大きな違いがあります。他にもいくつかあるんですが、今回はこの二つだけに集約してみました。


webライターの皆さん、紙媒体の実績があるとwebの仕事もずいぶん取りやすくなります。大変さはありますが、その分やりがいもありますし、自分の書いたテキストが書物になるという快感を味わうこともできます。是非是非、チャンスがあったらトライしてみてくださいね!!

【ウェブライター初心者向け】記事タイトルを上手につけるための3つのテクニック

こんばんは、乗ってきたので連投です。この記事では記事タイトルの書き方を紹介していきたいと思います。レベル的には初心者向けです。

いつも「◯◯について」とか「◯◯をするための3つの方法」みたくクソおもんないタイトルに成り下がってる方は是非参考にされてください。以下3つのテクニックをお伝えします。

  1. 具体性
  2. 煽り
  3. 否定


1.具体性を盛り込む

A
集客できるチラシの作り方。

B
500枚片面モノクロのコピー用紙チラシだけで89組の新規来店を獲得したDMの事例検証。

あなたがもし、新規集客について悩んでいるお店のオーナーだとしたら、上記のどちらの記事を見たいですか?

多くの方がBではないかと予想します。具体性とまとめてしまうと、それこそ具体性に欠けるので、少しだけポイントをまとめましょう。

■具体にも種類がある

・簡単にできそうと思わせること!
500枚の片面モノクロコピー用紙だけ、とあります。両面フルカラーの光沢紙を3,000枚用意するのとわけが違いますよね。自前のプリンタさえあればすぐにできそうです。具体的に、大した手間や費用をかけなくていいんだよ、とわかるポイントがあれば、それはより良いタイトルになるかもしれません。

・数値は細かく
数字は具体的であるに越したことはありません。ただ、あまりにも現実離れしている数値、実際にイメージしにくい数値は避けましょう。このタイトルを見た読者にいかに納得信用してもらうかがポイントです。

・具体的なブツを見せる
Aは「チラシの作り方」、Bは「89組新規来店を獲得したDMの事例検証」。どちらが見たいですか?Bの方が、実際に成果をあげたDMを見ることもできそうですし、事例をさらに検証するとあります。Aは単なる「チラシの作り方」。誰に向けての情報なのか、どんな業種の人が見るべき情報なのかもイマイチ掴めません。


2.煽り

あまり好きではありませんが効果的です。記事タイトルで大いに煽ります。

A
女性にモテるための3つの方法!

B
この手法で1週間以内にベッドイン確実!20代半ば女性を秒殺したい紳士向け香水と大人のデートプラン。

男性の皆さん、どちらの記事タイトルをクリックorタップするでしょうか?ぼくならBです 笑
結構煽ってますが、興味本位でも見たくなりますし、下心はだいたいの男には備わってますしね。

1週間でベッドイン確実!かどうかは割と個人の裁量次第です。これが景表法に触れるかどうかは微妙なところですが、興味を引くのは事実ですね。


3.否定

とっても簡単です。一般常識を否定しましょう。

A
ブログのアクセス数をあげるSEO

B
SEOに頼るブログはこの先潰れる。

うーん、この2つは立場によって分かれそうですが、ぼくはB画みたいです。Googleからまた新しいガイドラインでも出たのかな?何て思っちゃいます。常識的なことを否定されると、何かしらの新鮮さ、斬新さ、痛快さを感じます。そこをうまくつく、というわけですね。


まとめ。

めっちゃ簡単に記事タイトルの書き方を3つご紹介しました。使えるか使えないかは、是非あなたのブログで実践して見てください。

3ヶ月で文章力を効率的に高める方法→「習う」。

こんばんは、久しぶりの更新です。
最近ツイッターでたくさんフォローしていただきまして誠にありがとうございますm(_ _)m

リプもよくいただけるようになってきたので、無責任な発言はできんなぁと勝手にプレッシャー感じております。


▲フォロー大歓迎です!botとかでない限りリフォローします(・ω<)


さて、そんなどうでも良い前置きは抜きにして、今日は「文章力の上げ方」の中でもぼくが一番効率的と思ってやまない「習う」という手法について、実際にやってきたことをご紹介していきたいと思います。

  • 文章力を上げたい
  • 文字単価を上げたい
  • もっと魅力的な文章を書けるようになりたい
  • なんだか文章の展開が一辺倒になってきて悩んでいる

そんな全てのウェブライターさんに取って何かしらお役に立てるようまとめていきます。

ちなみにこの「習う」という方法で、3ヶ月経たずにジャパネットたかたさんのHP商品紹介文執筆案件までこぎつけることができました。単価は15.0円とかだったと記憶しています。では早速。


ライティング系の会社で特訓。

習うとは簡単に言えども、どこの誰にどうやって幾ら払って習えばいいのか、わからない人も多いはずです。いろんな方法があるかと思いますが、ぼくが実践したのは

ライティング代行会社のライター募集案件に応募→「600文字くらいなら1日100本書ける」とプロフに記載→担当ではなく社長さんから直接リプライ→スカイプ通話→その会社の登録ライターに→黙々と案件こなす

っていう一連の流れ。2社これで契約しました。簡単に言えば「ライター登録した」ってだけのことなんですけどね。ただ、その2社でがっつり稼ごう、案件数こなそう、単価を10倍以上にしようと心に決めていたのでその覚悟で臨みました。

ちょうど今から4年ほど前でしょうか。まだまだキーワード入れるだけの300文字〜600文字くらいの量産案件が多く、とにかく書くスピードとネタ出しに自信のあったぼくは大量に案件をこなしました。

そうなってくると、ライティング代行会社の方からずいぶん頼られるようになります。労働契約ではありませんでしたが、ボーナス付けてもらったりとか、保険もつけようか?なんてありがたい提案もいただきました。なにより、案件のレベルが軒並み上がります。

それまでは、@SOHOやウェブライタードットジェイピー(だったかな?)の直請け案件ばかりやっていて、最高文字単価もせいぜい5円とかでしたが、この2社とお付き合いし出して3ヶ月で3倍の15円まで上がりました。

どんな指導を受けたか?

とにかく難しい案件にチャレンジしまくりました。当然、赤入れめちゃくちゃ入ります。当初はワードでやりとりしてましたね、スカイプだけ使って。ただ、それでいいんです。2ヶ月もすれば、どこにどう赤が入るかわかるようになります。

ぼくの場合は

小見出しとその次に続く本文の内容が類似しやすい
・文末のバリエーションが少ない
・根拠や証拠となるリソースの提示が乏しい

などいくつかのクセがあったようで、それを添削指導していただけたのがかなり大きかったかなぁと今になって思います。ライターのランクをS、A、Bなんて分けてる会社でしたが、登録当社でA、1ヶ月後にはSランクまで上がりました。

大きなポイントは「営業・広告的目線の有無」。ただ、やみくもにうまい文章書くなんて価値がありません。いかにコンバージョン、成果につながるかが肝。ウェブライティングも大半が広告文になるわけですから当然の視点です。※例えば趣味雑誌などの場合又別の視点が必要になります

ライターやる前は営業やってたので、なんというか普通のライターさんよりも産業の構造というか、企業の苦悩というか、そういうのは少し把握できてるつもりでいました。営業やっててよかった。

あとはまあ、案件の種別によって、「もっとこういう表現するといいよ」とか「こんな展開で持っていくと斬新だよね」とか「この視点は他ではなかなか見れないかも」とか、いろんなアドバイスをいただきながら執筆に明け暮れました。

四の五の言う前にまず「数をこなせ」。

最近、出たてのライターさんから「どうやったら単価上がりますか?」とか「どうやったら早く上手く文章書けるようになりますか?」とか聞かれるんですが、だいたい決まって答えは「数こなしてください」です。

なんかこう、ウェブライターさんでとりあえずググってみてその情報を元に文章を書けばいいみたいな誤認をされてる方多いように感じます。ネットに上がってる時点でその情報は古いって、少し考えればわかりますよね。

特に今は文章やコンテンツのオリジナル性、独自性などが評価されやすくなってきていますので、ただググる程度の知識で文章上手く書けるわけありません。

正しい筋トレの方法知って満足するんじゃなくて、ちゃんと意識しながら回数こなさないと筋肉つきませんよね。実践実践。


悪いけど中抜きはあって当然。

自分で仕事も取りきらないくせに、ランサーズやクラウドワークスの手数料2割を「高い!」なんて批判してる世間知らずな甘ちゃんライターがたくさんいますが、ぼく登録してたライティング会社、中抜き50パーセントでしたよ?それでも単価15円いけました。

50パーセント抜かれても、個人ではなかなか取れない案件取れるのが企業の強みですよね。最近は大手さんとも直接やりとりできるようになったので一律にそうも言えませんが、当初かなり魅力的な案件いただいてました。

こう言う世の中の常識知らずに企業さんとかと直接やりとりしてると絶対ボロがでます。そして、そういう世間知らずなフリーのライターと企業・個人が取引したいかどうか?って考えてみてください。答えは明白ですよね。

4、5年前と違い、今はクラウドソーシングの台頭により何もせずともライティング案件が溢れている時代です。だからこそ、案件が手軽に手に入るっていうある種恐ろしさを認識すべきだと思います。


まとめ。

あくまでぼくのやり方ですが、やっぱり誰かに習う、指導してもらうって大事だと思います。もちろん、習うべき相手は慎重に選びましょう。何処の馬の骨かもしらんフリーライターが情弱相手によくオンライン講座とかやってますんで、ちゃんとしてる相手だったらいいですけど、そうでないなら金と時間の無駄です。

声に出すと読みやすい文章かどうかわかる。

こんにちは、今日も東京からお届け、WebライターRです。なかなか良いペースで更新できておる気がします。この調子で続けよう。何があっても言い訳せずに継続するのは大事なことですよね。


さて、今回の記事では読みやすい文章について、文字通り読みやすさに着目して考えていきたいと思います。この読みやすさとは、声に出して読む読みやすさのことです。脳内で黙読するアレとは違います。

f:id:webwritter:20160512233329j:plain


WebライターR式ですが、読みやすい文章には以下の三つの共通点があると考えます。

  1. 文法が正しい
  2. 難解な言葉が少ない
  3. 文章のリズムがGOOD

3番目のリズムについて、ライターとして一朝一夕で身につくスキルではありませんが、1と2は比較的簡単にいけそうですね。例示も含めて見ていきましょう。


正しい文法で。


簡単に言うと、主語、述語の関係です。「何を今更そんな」とお思いの方もいるかもしれませんが、おかしな文法の広告文結構よく見かけます。



「当店の味噌ラーメンは、産地と製法にこだわり麺との相性を最優先に考えた味噌です」


↑実際にラーメン店にあったポスターコピーです。


何が悪いか、お気付きですよね。

この文章の要素だけ抜き出すと。

当店の味噌ラーメンは、味噌です

となります。


What?


「AはB」という、英語で言う「A is B」の関係と同じで、A=Bという関係が成り立ちます。


こういうハチャメチャな文章になっちゃう原因を推測すると、おそらく途中に入り込んでいる「産地と製法に〜」あたり。


必死にこだわりや想いを伝えようとしたがあまりに一文が長くなり、文法デストロイな構成になってしまう。


初心者ライターさんあるあるです。わたしも一応、ライラーさんの育成など担当しておりますので、
よく見かけるんですよね、こういうパターン。無理しなきゃいいのに 笑


なぁんか読みにくいなぁ、と思ったら文法を疑いましょう。
主語、述語が呼応(ちゃんと連動)していれば、大抵すっきりと読みやすい文章になります。


難解なことばはできるだけ使わない。

f:id:webwritter:20160512233343j:plain

殆ど
慮る
吝かではありません
幸甚です
蠱惑的な


もちろんどんな人がターゲットの文章によっても変わりますが、上記のような「なんこれどー読むん?」みたいな単語はできるだけ避けるようにしましょう。


ググってすぐ調べられるにしろ、読者に無駄なストレスを与えてしまうのには変わりありません。


文章は、あなたの賢さをひけらかすためのものではありません。読み手優先読み手優先。


文章リズムに気をつけて!


以外、A、Bの文章を読み比べて見てください。

f:id:webwritter:20160512233410j:plain

A
今日は美味しいと話題のなるとらーめんに初めて行ってきました。
店内に入ると、店内の雰囲気はとても昭和チックな感じでレトロでした。
大盛りラーメンと餃子を頼んだんですが、お昼はセットがあるみたいなので800円とお得でした。
気になる味の方ですが、ラーメンのスープはちょっとこってりしている感じです。
麺は細めんなので、博多ラーメンみたいな感じだと思います。
なので、東京に住んでいて博多ラーメン系が好きな人にはおすすめできるお店です。

B
巷で話題のなるとらーめんに初訪問。
店内は昭和を思わせるどこか懐かしい雰囲気です。
スープはレンゲからとろりと垂れるくらいの濃厚で、
本場博多から仕入れる細麺との相性も◎!
ランチは、大盛りラーメンと餃子(6個)のセットで800円とかなりお買い得。
東京で博多の味を楽しめる数少ない名店です。


どちらが読みやすいでしょうか?
一応、同じ内容でまとめているつもりではありますが。


A→Bへリライト(書き直し)した際に気をつけたのは以下の5点。

  1. 文章の展開順を変更
  2. 味の表現をより具体的に
  3. 重複語をなくす(店内〜、店内〜。の箇所や「ラーメン」を使う数を減らす)
  4. 無駄な接続詞(「なので」)を減らす
  5. 文末「です」「ます」だけでなく体言止めなどを活用


これだけでもずいぶん文章のリズムが変わる気がします。


あとがき。

と言った具合で、文章を口に出して読みつつ、「文法」「難解な単語」「文章のリズム」の三点チェックしてみてください。
意識すれば文章は比較的早い段階で変わってくると思います。

【初心者向け】Webライターを始める前に押さえておきたい便利ツール3選。

こんにちは、今日は東京からお届けしております、WebライターRです。日頃は九州のある地域にいるのですが、東京涼しいですね!快適快適。

さて、今回ですか「これからWebライティングを始めよう!」と意気込む初心者Webライターさん向けに知っておいてもらいたいサービスを三つ紹介します。

すべて無料です。使いこなせるようになるとそれは便利ですので是非押さえておいてください。

ではレッツゴー。




初心者Webライターが押さえておきたい3つのサービス


サービス1:パソコン用のアドレス(できればフリーとオリジナルのふたつ!)

案件のやり取りはもちろん、いろんなサービスに登録するときに必要なパソコン用メールアドレス。フリーメール(無料)であれば以下の2つが有名どころです。

Gmail
・yahooメール

個人的にオススメなのは、天下のGoogle様管理のGmailです。理由は以下の2つ。

Gmailを勧める理由1
YouTubeやGooglephoto、Googledriveなどの便利ツールがすべてついてくる。

Gmailを勧める理由2
IDとパスワードさえ管理しておけばどんなパソコンからもスマホからも基本ログインして使用可能(yahooメールもですけどね)

Googleアカウントを取得すればGmailも利用できるようになります。各種登録手順についてはこちらのサイトをご参考に。

Googleアカウントの新規作成 - Googleアカウントの使い方


もう一点、オリジナルのアドレス、と書いているのはお金を払って購入するタイプのアドレスです。

Gmailの場合、必ず

○○○@gmail.com

となり、見る人から見れば「あ、この人フリーメールしか使ってないんだ」なんて思われる事もあります。

これに対してオリジナルは、例えば

info@webwriter.com

のような仕様になります。

案件によって「フリーメールNG」なんてこともまれーーーにありますので、そういった場合は取得して損はないかと。年間1000円とかでも契約できますしね。

これはまた別記事で紹介します。


サービス2:Skype(スカイプ)

ご存知の方がほとんどでしょうけど念のため。簡単に言うとLINEのようなツールです。LINEより昔からあるんですけど、あっという間にLINEに追い抜かれちゃいましたね。

Skypeの主たる機能は

・無料チャット→一対一はもちろんグループチャットも。Word、Excel、PDF、動画でーた、パワポデータなども送付可能。画面共有なんて便利なサービスも
・無料通話→LINEと同じくインターネットを使って電話をするサービスです。グループ通話可能。もちろん海外とも無料で通話できます。

といったところです。

登録は公式サイトから。

Skype | 友達や家族と無料通話

iPhoneandroidアプリでも無料配布

サービス3:チャットワーク

最近はSkypeからこちらに移行しています。基本的な機能は同じ。ただ、Skypeにはない「タスク管理機能」があります。例えばこの案件の担当者は誰々で、いつまでに納品といった項目をリスト化して管理できる点が便利。もちろん無料で使えます。

ビジネスが加速するクラウド会議室 | チャットワーク(ChatWork)

iPhoneandroidアプリでも無料配布



【超重要!メモ必須!】

こういったサービスを登録する場合、だいたいIDとパスワードが必要となります。大事なことは、これらIDやパスワードを 絶対に!!メモること!忘れると結構面倒です。手帳にメモる、iPhoneのメモ帳にメモる、方法はいくらでもあります。確実にね!



あとがき。

今回紹介した3サービスは基礎も基礎も基礎です。知らずにwebライティング始めようとしたあなた、別にそこまでラッキーでもないかもですね。


ただ、知ってるとクライアントとのやり取りがスムーズになります。要チェック!